社長挨拶

私たちはもとより、消費者・クライアント・そして同業者であるパートナーの方々の為に役立つ事を使命として、より一層事業の改善・改革・ネットワークを掲げ、新たなサービスを創りだしてまいります。

株式会社ジャパンシステムアート
代表取締役社長
辻 富士雄

様々な仕事を経て、誇れる実績もないまま仲間たちに誘われ、20代半ばでデザイン事務所を立ち上げに参加し、32歳で「子供たちに夢を与えたい」という理念のもと、当社を創業し30年。
設立当時に働いて作った1,200万円は、コネなし・人材無し・仕事無しからのスタートで、瞬く間に消えていきましたが、運よく売り込みに行ったステーショナリー企画販売会社の社長と意気投合し、全国にレターセットブームを起こすとともに、キャラクター文具の世界では、多くの経営者達と夢を語らい起業にも関わり、今までないような商品を開発し、ファンシー文具のブームの立役者として業界で知られる存在となり、当社の土台を築くことができました。
しかし時代の流れは早いもので、少子化や子供たちの嗜好の変化も早く、栄光はいつまでも続きません。さらなる発展を胸に新たな分野に進出を図るべく、当社の強みと弱点を整理し、強みを生かした営業で、キャラクター商品ではオリジナルデザインから企業が契約している超有名キャラクターの商品デザインへ。全く新しい分野では、イラスト・キャラクターを扱うこと に強いデザイン会社として、出版の分野に進出し日用品・食品・玩具・教育、多くのクライアントとの取引が広がり理念を見直しが必要になりました。新たな企業理念は第2の創業と位置づけ、「より多くの人々に、夢・感動・驚き・そして歓びを」で社会に貢献する。と制定し社員全員が心に刻み、お客様の利益と発展のために、魅力的な提案と利便性を高めることを心掛けています。
ジャパンシステムアートの強みは、デザインマネジメント会社として、社員一人一人が「お客様に寄り添い、共に考え、共に悩み、共に歓ぶ」をモットーに、「知=知恵・知識・情報 技=専門技術 時=スピード・タイムリー」を磨き、ジャパンシステムアートグループのネットワークを生かし、商品企画からデザイン制作はもとより、PRに必要な映像・漫画・アニメーションに至るまで、お客様のデザイン経営に革新と利便性を高める「ワンストップ サービス」を提供することです。